良いお年をお過ごしください。

今年もついに終わりですね。

今日はダラダラ寝てしまい起きたのは昼くらいです;

それから掃除をしたりゲームしたりであっという間にこんな時間。

年越しそばは旦那がお蕎麦屋さんのを買ってきてくれたので今日は美味しい年越しそばを食べれそうです!

image

さて、なんでぽんずさんはなぜこんなところでご飯を食べているのでしょう。

image

食べ散らかした後で汚くてすみません。

本来はここが食事場所なのですが、右のお皿はウェットフードが空になってます。

これが原因なのですが・・・

image

犯人は食後の手入れ中のこいつです。

あじのりさんはもらったらすぐにガツガツ完食タイプ。

なので食べると今度はぽんずさんを押しのけ彼のご飯まで強奪するという悪行ぶりです。

それを返してもらって他の場所でぽんずさんに食べてもらっていたというワケです。

その後旦那に捕獲されるあじのりさん。

image

憮然とした顔ですがなんだかすごくキレイに撮れましたな。

あじのりさんは体も大きいですが手足も大きいのです。

 

image

ぽんずさんはお気に入りのダンボールの中。

このダンボール捨てたいのですが2匹ともマメにつかうのでなかなかすれてないのですよね。

 

さて、年が明けたら初詣に出かける予定です。

来年も家族と猫達で元気に過ごせるようお願いしましょうかね。

ではでは、皆様も良いお年をお過ごしくださいませ。

新しい首輪が届いていたので猫を激写する

新しい首輪届いた!!

・・・ということで、早速撮ってみました。

image

まずはあじのりさん。

マゼンタに白ドットの首輪。

前に付けていたイチゴの鈴は可愛いのですが音が大きいので今回は付属の赤い鈴で。

出雲大社でいただいたお守りもしっかり付けております。

image

「なに?」

ドアップで。

あじのりさんの瞳は内側緑から外側茶色のグラデーションです。

これ、ヘイゼルっていうんだっけ?

猫の瞳は不思議。

小さい頃から大きくなるまで2.3回色が変わるんだよねぇ。

image

ぽんずさんの首輪はミントグリーンに茶色ドット

鈴も緑色。

しま猫会のチャームも付けてます。

今回の首輪はあまりイヤがらないで付けてくれるぽんずさん。

良かった!

image

「なにさー。かめらむけないでほしいんだけど」

相変わらずカメラを向けると微妙・・・むしろ不機嫌な顔になる。

私の撮りかたがヘタなだけってのもあるけど。

これでもぜんぜん写させてくれるぐらいなんだけどね。

前はカメラ向けるだけですぐ逃げた。

 

暇を見つけては編み物をしているんだけど、コレ!!といった作品がなかなか出来なくて編んではほどき編んではほどきと生産性の無いことになってます。

猫に腹巻でも編んでみようかな。

腹巻ならすぐ出来るしね。

つけたらすごく嫌がりそうだな・・・

 

新しく猫のお迎えを考える

今日は日差しがよく入るからお洗濯日和ですなー。

早めにやっとかないと冬は日が落ちるの早いから急がないと!

土曜日なんで午前中から買い物に出てたんですが、我が家の割と近辺には大型のペットショップがあるんです。ニャンズのご飯とか猫砂はここで買うことも多いですね

犬とか猫とかもたくさんいるんでついニヤニヤ見てしまいます。

その様子たるや確実に不審者ですね。

今は二匹ですが、いずれは3匹目をお迎えしたいと切実に希望しているワタクシ。雑種大好きですが、種類の付いている猫ちゃんにも興味があるのです。ちなみにあじのりさんはアビシニアン混血雑種なんで性格も結構ついでいるのか頭はそこそこ良いのですが悪知恵が働きパワフルで遊び好きです。

我が家はマンションなのでペットはOKなのですがやはり近隣の方の迷惑にならないよう配慮したいので必然的にここのサイトで飼いやすい猫の種類を探したり調べたりしております。

世界の猫の種類図鑑は見ているだけでも楽しいのですが、知りたいのは飼いやすい猫!ランキングがありまして一位は「シンガプーラ」ですねー。大きくなっても子猫のような容姿で可愛いですよね。この猫ちゃん声が小さいというのもマンション住まいとしてはポイントが高いところです。大人しいみたいなんでぽんずさんと気が合うかしら?

うーん、でも9位の「ロシアンブルー」も気になる。実は前々から気になっている種類なんですよ。この気品ある毛!グリーンの瞳!ロシアンスマイルと言われてる笑ってるようなお口。ロシアンブルーって「ボイスレスキャット」と言われるくらい声が小さくて無駄鳴きが少ないのが魅力ですねぇ。

魅力的な猫ちゃんが多くて迷ってしまいます

image

「そのまえにおとーちゃんのおゆるしがひつようだとおもうよ」

・・・そうですね。

猫探しの旅はまだまだ先が長そうです。